X-Plane ToLiss A319 仙台/山形空港での着陸復行訓練

いままでRaspberry PiのADSBを中心に記事を書いてきましたが、
飛行機好きでフライトシミュレーターなんかもやってるので
そっちもなんか書けないかな?と。

X-Planeをメインにやっていて
近くの陸自飛行場のシナリー(風景データ)を作ったりしてるのですが

制作から時間が経ってて、一からHow to を書こうにも
まず自分が思い出さないと書けない状況・・・

というわけで、
ひとまず最近飛行した動画をキャプチャーしたので
それをYouTubeに上げてみようかと。

動画ではToLiss A319という機体を利用しています。
機体のシステムなどは
ベストセラー機のエアバスA320とほぼ同じ物ですが
サイズが少し小さな機体です。

ToLiss A319でのゴーアラウンド(着陸やりなおし)の時
既定の着陸復行経路にLNAV(緯度経度のナビ)が追従しないことが有るので
仙台/山形空港で訓練をかねて検証しました。

完全に電源オフの状態から
システム立ち上げ、ルート設定とポチポチやってますので
興味がある方は最初からどうぞ。

要点だけ見たい方は以下に時間付きのリンク張っておきます。

https://youtu.be/nK3udatpm74



12:36 プッシュバック
20:00 仙台離陸
途中までDERBY3 Departureで離陸。

その後、STARのLANCE East A ARRIVALにショートカットして

ILS Z Rwy27 APRに入ります。

32:00 仙台ILS27着陸復行(GAtrack追従失敗)


仙台ILS27の着陸復行後のLNAVトレースは
やはり上手く行かなかったのでオルタネートに入れてた
山形空港へ向かうことに。
(代替空港に向かう設定どうするんだっけなーとポチポチ)

山形VORへダイレクトに飛び、ティアドロップ型のILS Y Rwy01進入

47:00 山形ILS01アプローチ
1:01:50 山形着陸復行(GAtrack追従成功)

山形はミストアプローチコースを上手く追従できたので
仙台に帰ることに。

STARはOWLET WEST ARRIVAL

アプローチはRNAV Z Rwy09

1:24:00 仙台RNAV09着陸復行
(GAtrack追従成功、高度設定失念でローパスw)

RNAV09ではLNAV追従が上手く行ったので、
あとは普通に手動で方位を入れてILS27アプローチで降りることに。
1:35:40 仙台ILS27着陸

外部からの着陸復行、着陸時の映像を最後に振り返り。
1:43:23 山形01GA(外部視点)
1:44:38 仙台09GA(外部視点)
1:48:00 仙台27着陸(外部視点)

結論として、仙台ILS27で毎回失敗するので
手動で旋回してVORコースに乗せる経路とかだと
自動で追従してくれないのかな?

もしくは一度離れて戻ってくる経路だと
先のポイントを通過した扱いになってしまうのかも。


またネタになりそうなフライトをしたら
記事にするかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です