RTL-SDR複数運用、GCI、短波の洋上管制受信

ここ最近USB受信機を使ったSDR(ソフトウェア受信)にハマっていて

・RTL-SDR V3*4台
https://www.amazon.co.jp/dp/B0722LZFWN/

・Nooelec NESDR SMArt v4*1台
https://www.amazon.co.jp/dp/B01HA642SW/

・RTL2832U+FC0012の謎のTVチュナー*1台
https://www.amazon.co.jp/dp/B07DW33S8B/
合計6台の受信機で航空無線を同時受信、自動録音しています。

主な運用は
・Nooelec NESDR+Ham It Up Plus HF洋上管制or陸自HF受信用*1
・RTL2832U+FC0012 近場航空管制用の20dbアッテネータ入り*1
・RTL-SDR GCIスキャン用*2
・RTL-SDR GCIスキャン三台目orVHF東京レディオ*1
・RTL-SDR 仙台空港、航空路管制、航空会社カンパニー波受信用*1
こんな感じで使い分けてます。

アンテナはVHF/UHF用にダイヤモンド D777というアンテナ
https://www.amazon.co.jp/dp/B002LEXDJI/
を上げてGCIなんかもだいぶ遠くの訓練まで聴けて満足してました。

しかし、自分が航空管制、ひいては飛行機好きになったきっかけは
親のHF無線機(一応自分も触れる資格は持ってます)で
HF帯の航空管制とグライダーの無線を聴いたからでした。

なので、是非ともHF帯も受信したい!という欲が抑えきれず
短波用にもアンテナを立てることに。

とはいっても馬鹿でかい短波専用アンテナは無理なので
AORのSA7000を設置。
https://www.aor.co.jp/receiver/product/sa7000/



早速RTL-SDRのダイレクトサンプリングで聴くと
どの周波数にもAMラジオがガンガン混信するw

そうここは仙台平野。強電界地域。

アッテネータをかませると症状が改善することからも
AM放送用のフィルタをかませると良いんじゃないかと思案。



というわけで、
Flamingo AMなるものを購入してRTL-SDR V3の前に接続。
https://www.amazon.co.jp/dp/B079CMB44V/

ダイレクトサンプリングで聴いてみるも・・・
正直微妙。
やっぱりAMノイズが乗ってる感じ。

見通し距離にAM放送のアンテナがあるので
減衰し切れてないのかも?



次に試したのがHam It Up Plus(アップコンバーター)+先程のAMフィルタ
https://www.amazon.co.jp/dp/B076CYK8XZ/

Ham It Up Plusはアンテナ入力の周波数を
+125,000,000HzにしてRTL-SDR側に渡してくれる物。
いや、受信機本体3台買えますやんって値段で躊躇したのですが
こちらはアンテナ立てた手前引けない状況。

SDR#にshift -125,000,000Hzの設定して受信
ダイレクトサンプリング+AMフィルタよりは良いけど
まだ微妙な感じ。
ゲインの調整とかしてみたけど電源由来っぽいノイズが強い。



最後に試したのがHam It Up Plus単体+RTL-SDR
結論から言えばこれが一番ノイズが低くて聞きやすかったです。
SN比が高い?と言うんですかね。

Ham It Up Plus自体にフィルタが入ってるようなので
余計な物を付けない方が良かったのかもしれないのと、
Ham It Up Plus用のUSB電源を換えて
フェライトコアを付けてみたのが案外効いたのかもしれません。



ビーンボーンという
懐かしいセルカルコードが聞こえてきて単純に嬉しかった!



短波の洋上管制は時間帯によって使うバンドが変るので
事前に126.8MhzのVHFの東京レディオを聴いて
今のHFのプライマリとセカンダリの周波数をチェックすると良いです。



ソフト的に難点なのが
何故かSDR#がUSB(upper sideband)の時にスケルチをかけられない点。


スケルチ空いたときだけ録音というのが出来なかったので
洋上管制を聴くときだけHDSDRというソフトを使っています。


HDSDRはUSBにもスケルチかけられますが、
メモリスキャンが出来ない
ので、
一波固定で受信になるのがちょっと不便かなと思います。

NFMを聴くときはスケルチが効くので
HF帯の陸上自衛隊連絡波のスキャンなどではSDR#で問題なく動いています。



もう一点、自分みたいに複数台の受信機を同時に使う場合
OS上からの受信機が認識される名前が
全部「RTL2838UHIDIR」で同じなので
受信ソフトから使う際に判別がつかないという問題
がありました。

これについては
受信機ドングルの認識名(ベンダーID,プロダクトID、シリアルナンバー)を
変更できるツールが
https://www.rtl-sdr.com/tag/rtltool/
で紹介されており、
RTLTool Distribution 20180320.zip
を使って分かりやすく
・Ham It Up Plus接続しているNooelec NESDR SMArt v4

・近くの管制受信用に20dbアッテネータを付けてる物


・その他のVHFアンテナ接続の普通のRTL-SDR V3 No.1-4

と名前を変えました。

デバイスマネージャ上ではこんな感じに認識されますが

SDR#上では相変わらず全て同じ名称になります。

しかし、このナンバリング順が
デバイスマネージャの並び順と同じなので
判別は容易になります。

ちなみにHDSDRではわかりやすく変更した名前で表示されます。

6台を運用中のタスクマネージャはこんな感じ。

これが結構リソース食うんですよね。
Ryzen3900X+32GBメモリなんで普段は問題無いんですけど
ゲームと同時に動かすとSDR#がハングします。

これもあって、受信機専用にPCを分けたいなーなんて思ってますが
また一台PC生やすのも置き場所困るなぁなどと考え中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です