IC-R5のメモリ編集(tk5+ActiveTcl)でハマった(2022/03/29更新)



以前、ActiveTcl8.6では
tk5がうまく動かなかったのですが、
現在のActiveTcl8.6では
起動時のパスの設定さえすれば
問題なく動くようです。

ActiveTcl8.6の入手が
ちょっと面倒になっていますので
入手法と.batのパスの修正を中心に書き直します。


・使用したUSB-シリアルポートケーブル
前提として、
自分が使用したUSB-シリアルポートケーブルは
https://www.amazon.co.jp/dp/B00RZD79VS/
です。

ただ、現在は売り切れている模様・・・


使ってみてないので
保障は出来ません

似たタイプだと
https://www.amazon.co.jp/dp/B00W0LK1ME/


が同じコネクタが付いていて、
レビューでIC-R6で動いた旨の記載があったので
同じように動くんじゃないかな?と思います。

ただ使用チップ等が違う場合
別なドライバが必要かもしれません。



・ドライバの入手

https://www.prolific.com.tw/US/ShowProduct.aspx?p_id=225&pcid=41
から
PL23XX_Prolific_DriverInstaller_v***.zip(最新の物) をダウンロード、解凍して

PL23XX-M_LogoDriver_Setup_***.exe
を実行してドライバのインストールをします

PL23XX_checkChipVersion_***.exe
を実行してCOMポートを変えながら
チェックを押し、
どのCOMポートがPL2303になっているかメモしておきます。




・ActiveTcl8.6の入手、インストール

https://www.activestate.com/

にアクセス、右上のFreeAccountをクリック



メールアドレス
希望のユーザー名
パスワードを入力
CreateAccountをクリック



届いたメールをクリックして
メールアドレスの確認をする

最初の画面でCreate a projectをクリック

こんな感じでWindowsの8.6.12を選択、Create Runtime

なにやらBuildするためのコードが出ますので
そのまま閉じます。

projectタブを選び
TCL8.6.12のinstallをクリック



インストーラーのダウンロードが出来ますので
exeファイルをダウンロード

ダウンロードしたファイルを実行し
ActiveTcl8.6をtypicalでインストールします



・tk5のインストール

C:の直下にtk5というフォルダを作り
http://parnass.org/tk5/dl4win98.html
からダウンロードしたtk5-06.zipの中身を解凍します。

C:\tk5\tk5.batを
右クリックから編集を選びメモ帳で開きます。

"C:\tcl\bin\wish.exe"

の部分を

"C:\ActiveTcl\bin\wish.exe"

に書き換え上書き保存します。


C:\tk5\tk5.batを実行します


OKを押してクレジットを閉じて
先程メモしたCOMポートを選びます
(COM5以上の場合は手入力します)



IC-R5の電源を入れ
イヤホン端子にミニプラグを刺して
read from Radioで読み出しが出来れば成功です



あとは
受信機から吸い出し

csvにエクスポート

Excelなどで編集

編集後のcsvファイルをインポート

tk5の左上FileからSave Asで.tr5と名前を付け一旦保存

tk5を再起動

tk5のFileからOpenで先程の.tr5を開く

write to Radioで上手く書き込めるかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です